[広告] 楽天市場

  • 【 docomo らくらくホン ベーシック4 F-01G専用】 液晶保護・バブルフリーフィルム (無気泡・気泡0) BFF-01G【激安メガセール!】
  • ■夏物【BuBble SpRay】バブルスプレーストライプ柄フリル袖トップスTシャツネイビー/グレー80cm/90cm/95cm【DM(メール)便対応】
  • MANGO ART COMPANY たつみなつこ バブルガムふせん オレンジ
  • レブロン レブロン バームステイン 60 ラバブル _
  • 資生堂 専科 パーフェクトバブルフォーボディー つめかえ用 350mL ボディソープ フローラルプラスの香り 詰替え
  • BUCO ブコ スナップオンバブルシールドEXハードコート クリア


バブル 関連ツイート

ぼく個人のものすごく雑でアバウトな印象だと、景気の上下のほとんどはバブル崩壊とリーマンショック影響で、震災も少し。日本政府の閣僚の云々が大きな変化に繋がる率は小さくて、様々な局面ですったもんだありつつ大失敗や大成功なく進んで今に至… https://t.co/EEI88MdNs0
RT @midoriSW19: バレてる⇒日本の産業競争力を高めたのは戦後構築された製造業モデル。米国の品質管理と勤勉さや細部へのこだわりを重んじる日本の価値観が結合⇒バブル崩壊以降、熟練労働者が減り、生産現場の力が弱まっているにもかかわらず、経営者の多くが問題への対処を現場任…
@ic_juliatomita じゅりさん、blogありがとう💕
名古屋がバブルで煌めいてる感じね
AFTERSCHOOLも対バンも楽しいことは間違いないっ
アイカレ定期公演があるのはやっぱり良いね
名古屋はあったかいかな
#アイカレ
 2018/03/03 10:06 OWng2

バブル激安レアもの雑誌掲載商品など

  バブルで衰退する中国 技術力で復活する日本   Amazon  夏期五輪施設を転用する節約ぶりスキー愛好家がいない土地が会場  韓国の平昌五輪は、熱戦に幕を下ろした。後はパラリンピックだ。次回開催地は北京である。平昌五輪では、中国選手の活躍が目立たず、金メダルは1(銀6、銅2)という寂しさである。日本の金4,銀5、銅4を下回った。中国は、次回冬季五輪開催国として、どこまでばん回できるか心許ない状況である。 心配な点はまだある。「北京冬期五輪」というが、雪が極めて少ない地域での開催である。人工雪に頼る点で、大変なコストがかかることをご存じだろうか。開催地の決定では、北京とカザフスタン(アルマトイ)が最終候補地として残り、44対40という僅差で北京に決まった。カザフスタンは、自然の雪に恵まれ、スキー場は都心部からバスで30分以内という絶好のロケーションだ。このカザフスタンを退けた北京だが、「やっぱりカザフが良かった」となりかねない懸念が山積している。 夏期五輪施設を転用する節約『ウォール・ストリート・ジャーナル』(2月23日付)は、「次の北京冬季五輪、節約志向で動き出す」と題する記事を掲載した。 10年前の北京夏季オリンピックで、中国は世界を驚嘆させることに全力を傾けた。今ではがらんとしているメインスタジアムの「鳥の巣」など、主要プロジェクトに推定420億ドル(約4兆5000億円)を費やしたと言われる。この伝で言えば、22年の冬季五輪も施設にカネをかけて盛大に開催するものと思いがちだ。予想外にも、北京夏季五輪の施設12カ所のうち、11カ所を改修して冬期五輪に転用する方針という。意外や意外、「節約五輪」になりそうだ。 一方では、スキー競技が行なわれる河北省張家口市崇礼区の年間降雪量は最小である。はっきり言えば雪が降らない地域である。北京冬期五輪の会場は、北京市内、張家口地方の2カ所。このうち、張家口地方は年間の積雪量が最小である。スキー競技を開催するには、完全に人工雪に頼らざるを得ないという、五輪史上で例のない冬季大会になる。雪が少ないところなので、レースのコースに標高のより高いところから雪を持ってくる選択はない。人工雪に頼るのだ。選手にとっては、自然の雪になれきっているだけに、人工雪という新たな課題に直面する。 さらなる悩みは、雪の在庫も作って準備しておかないといけないという懸念が指摘されている。言うまでもなく、人工雪を作るためには水が必要である。この地域は、水不足が深刻化していて、土地そのものが乾燥地帯であることだ。降水不足のため、人工雪を作るための水を貯水湖から引っ張ってくることになっているという。これでは、住民の飲料水を減少させてしまうので、新たな問題が引き起こされる。スキー競技会場や五輪村は自然保護地区の真横に建設される予定と言われる。「環境に優しいオリンピック」とはいえず、環境破壊となりかねない悩みも抱えている。 こんなことは、最初から分りきった話である。人工雪に依存するならば、カザフスタン(アルマトイ)の方が、立地条件ははるかに優れている。中国の政治力で強引に北京へ決めさせたのだろうが、ここら当たりにも「中国外交」の一端を示している。 (1)「中国政府は、2022年に開催する北京冬季五輪では、北京夏期五輪と違うアプローチをとろうとしている。北京から自動車で約3時間の河北省張家口市崇礼区は、同五輪のスキー、スノーボードのメイン会場となる。この町の五輪構想は『地域経済の持続的成長』であり、かなり控えめだ。習近平国家主席が昨年1月に崇礼のスキーリゾートを視察した後、地元の当局者は五輪開催のための開発計画を縮小し、オープン予定だったスキーリゾートを20カ所以上から8カ所に削減した。習氏の視察について知る関係者2人が明らかにした」 河北省張家口市崇礼区は、スキー、スノーボードのメイン会場になる。だが、雪不足はいかんともし難い物理的制約条件となっている。習氏が昨年1月に崇礼区のスキーリゾートを視察した後、地元政府ではスキーリゾート施設計画を大幅に削減した。当初計画の20カ所を半分以下の8カ所に減らした理由は、人工雪依存では恒久的なスキーリゾートに発展できないからだろう。 不思議なのは、これまで雪の少なかった地域であるから、地元民のスキー愛好家がほとんどいない場所で、冬季五輪を開催するというまやかしである。中国政府が、国威発揚の目的で強引に冬期五輪開催権をもぎ取ったことだ。日本で言えば、スキーやスノーボードなどが多雪地帯で自然発生的に賑わってきた経緯がある。それもない中国では、好成績も収められまいし、フアンも限定された層になろう。要するに、中国冬期五輪は「ミスマッチ」と言うほかない。 (2)「習氏の視察から2カ月後、崇礼区は外部者が加熱させた五輪目当ての住宅購入フィーバーを冷ますために不動産規制を導入した。2015年に北京が22年の冬季五輪開催地に決定して以降、同区の住宅価格は2倍に跳ね上がっている。『ここは、人々がスキーを楽しむ町だ。主な関心は不動産開発ではない』と、崇礼のスキーリゾートの開発に当たっている国有の不動産開発業者、河北観光投資集団のチャン・ヨンチュアン副部長は話す」 雪の少ない土地でも、スキーリゾート化の思惑だけで、不動産投機が始まっているのだ。すでに、地価は2倍にも跳ね上がっている。人工雪で五輪を開催する場所である。五輪が終われば、潮が引いたように閑古鳥が鳴くに違いない。第一、地元民がスキーを楽しんだこともない場所柄である。五輪後の不振は誰でも想像できるだろう。 (3)「中国は依然として野心的な開発プロジェクトを追求している。崇礼から南に数時間のところでは、農地を巨大都市に変貌させる大規模開発が進んでいる。中国政府は、冬の北京五輪に合わせてインフラ整備に大量の資金を投じている.その中には、93億ドルを投じて北京と張家口を1時間足らずで結ぶ、来年開業予定の新高速鉄道の建設もある。とはいえ、国営新華社通信によれば、中国政府は北京で行われる競技の会場として新たに豪華な建物を建設するのではなく、夏季五輪で使用された12施設のうち11施設を改修して利用する計画だ。政府見通しによると、高速鉄道の建設などの五輪効果で、崇礼区を管轄する張家口市の今後6年間の年間経済成長率は10%超と、昨年の7%から加速すると見込まれている」 中国政府は、スキー会場になる崇礼地域が五輪終了後に押し寄せる閑古鳥に備えて、インフラ整備に資金を集中的
に投下している。例の高速鉄道の建設である。これに合わせて、都市開発を行い住宅整備に乗り出す。夏期五輪で使用した12施設のうち、11カ所を冬季五輪施設に転用するという。人工雪施設に多額の資金を食われるためであろう。 スキー愛好家がいない土地が会場(4)「崇礼区の人口は約12万6000人で、その多くは農民や鉱山労働者、小売店主だ。北京が冬季五輪の開催地に決まる前は、スキーに関心のある住民はほとんどいなかった。『スキーは北京の金持ちのためのぜいたくなスポーツだと思っていた』と、崇礼で育ったスキー学校の経営者シュー・チョンシン氏は振り返る」 スキー会場になる崇礼地区では、スキー愛好家がほとんどいないという。馴染みのないスポーツである。中国では伝統的にスポーツ愛好家は少ない。麻雀や賭け事には熱中するが、身体を動かすスポーツに興味を持たない国民である。ましてや、ウインタースポーツになると一層、遠い存在であろう。冬期五輪で、一時的に賭け事に熱中するような雰囲気にはなっても、その後は廃れてゆく懸念が強い。そうなると、人工雪の施設はどういう運命を辿るのだろうか。赤さびに覆われて朽ち果てるのだろうか。 韓国の平昌五輪のスキー会場でも、過去のスキー場が営業を止めて荒れるに任せているという写真付きの報道があった。その記事では、「五輪会場も同じ運命になろう」という不吉な予想記事が掲載されていた。韓国ですらこういう状態だ。中国の崇礼地区では、平昌地域と違って人工雪である。人工雪で滑るスキーと大自然の恵みによるスキー場では、醍醐味が異なる。五輪後の姿が今から目に浮かぶのだ。 北京冬期五輪決定で落選したアゼルバイジャン・アルマトイは、これまで冬季五輪の候補地として二度も立候補しながら落選の憂き目に遭っている。政治力が足りない結果であろう。 先ず、2014年冬期五輪開催に立候補して落選。だが、2011年にはアジア冬季競技大会が開催されて、大会運営能力のあることを証明した。アジア冬季競技大会の開催に伴って、アルマトイに国際スキージャンプ・コンプレックス、クロスカントリースキー・バイアスロン・コンプレックスが建設されている。そして、2022年冬期五輪開催地に立候補し、北京に僅差で敗れた。ただ、2017年には冬季ユニバーシアードを開催して大会運営能力を発揮している。2026年の冬期五輪では、ぜひ開催地に立候補し見事に「三度目の勝負」で勝利を収めて貰いたいものだ。 ★ツイッターで、刻々と変化する情勢について、「つぶやき」ます。こちらも、どうぞ覗いてください。「勝又壽良」で検索をお願いします。 (2018年3月1日) 韓国破産 こうして反日国は、政治も経済も壊滅する   Amazon  
勝又ブログをより深くご理解いただくため、近著一覧を紹介させていただきます。よろしくお願い申し上げます。
↓勝又壽良の著書一覧   

バブル新作からレアものまで

松屋銀座・銀座三越・大丸心斎橋店では2月売り上げが前年同月比で2桁の伸びを見せ、阪急うめだ本店では同8%の伸びを見せた。ズバリ、中国の春節連休が「昨年は1月、今年は2月」になった効果だ。
2018年2月現在、中国人が好んでやってくるところで、日本で爆買いしたいものが置いてある所に限って売り上げ好調とできてしまうらしい。銀座のデパートで頭に浮かぶのは、和光前の三越と、アップルストア前の松屋程度なのでこれで終わってしまうが、阪急うめだ本店のはす向かいにある阪神梅田本店は、「爆買い」を狙っていない結果なのか前年同月比で▼1.5%なんてことになっている。
大阪駅前・松下幸之助が私財を投じた歩道橋がある阪神前交差点の阪急・阪神のコントラスト程度じゃ済まない、デパートの辛すぎる現実も、デパートが発表した、2月売り上げ速報に現れている。
エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の、阪急・阪神本店を除いた総売り上げは前年同月比▼2.3%
三越伊勢丹は、昨年2月には存在した多摩センター・千葉店の数字を無視すれば△3.5%だが、基幹店の新宿・日本橋・銀座の伸びと、3月21日の営業をもって閉店となる伊勢丹松戸店の特需を除いて試算したら、横ばいから微減なんて形が見えてきてしまう。
結局、中国人がやってくる店の、爆買い対象の高級化粧品、高級時計、高級宝飾品だけなんじゃないかいと、失望させられるばかりだ。
お客様の顔色を窺ってか、「中国人観光客の爆買い」と言いたがらない傾向があるように思える。実は、台湾人観光客や韓国人観光客も爆買いをしているようであるが、マツモトキヨシやドン・キホーテで売っているような安価な食品や日用品に向く買う傾向があるようで、金額的意味で中国人のように目立つことは少ない。◇ ◇ ◇昨日、ニューヨーク金融市場は、トランプ政権が「鉄鋼・アルミニウムの輸入に追加関税をかけるぞ!」と方針を明らかにした後、雪崩のような下げが襲ってしまった。一斉にドル安と株安のダブルパンチが。
それを受けてしまった東京株式市場は、「松屋銀座の売り上げ好調」のような個別材料があったところを除いて、軒並み安に追い込まれてしまった。
最近、積極派が影を潜めてしまったようなのが東京株式市場である。
任天堂とか、AI、IoT、自動運転、画期的新薬みたいな材料で買いが集まってしまうみたいな雰囲気も見当たらない。
(自分は株上げろアホノミクスのパワハラによってGPIFが空気を読めなくさせられた結果と思っているが)ディフェンシブ系への資金投棄も、先月末で完了してしまったらしい。
そんな結果、ダラダラとバスケット取引で動くだけ…って雰囲気ばかりを感じる。
今日の東京株式市場は、「Fe・Alに追加関税」のディープインパクトが直撃してしまっただけって感じ。
ついでに、午後には黒田日銀総裁の「19年度ごろに出口(戦略)を検討していること間違いない」なんて第二波まで。
トヨタもブリヂストンもソニーもメガバンクも、みんな波に飲み込まれて行くばかり…
最後の砦が、「松屋銀座」と「松屋銀座の1階」に集約されてしまった感じ。
松屋銀座(1559△68)が、寄り付きの小幅安(1482)を跳ね返して大幅高になったのは、ニュースのせいとすぐわかった。
松屋銀座の件が朝のうちからわかっていたので、「爆買い」の恩恵を受けるデパートがどんなもんじゃろと見てはいたが、さっぱりだった。サッパリのまま大引けへ。
三越伊勢丹(1202▼38)Jフロント(1857▼51)高島屋(1036▼37)エイチ・ツー・オー(2012▼40)
松屋銀座だけが大幅高の理由って、会社の売上比率を考えれば一目瞭然としてオシマイ。
松屋銀座を運営している「株式会社松屋」の売り上げは、銀座の他に浅草もあるが、銀座≫浅草の現実から、「銀座が好調だから松屋が前年割れでもかまへん」となる一方、他のデパート4グループは「爆買い店」の総売上比率が圧倒的多数になっていない。
そこまではいいんですが、情弱が投資信託を経由して、間接的に高値で買わされているとしか思えない、「爆買い成長終了で売り上げが増加しきった」化粧品株の下がらなさったら、狂っているとしかできない。
個別株を買う検討をする場合、成長性とともにPERやPBRを検討するものだ。営業マンにそそのかれて買ってしまう事もあるだろうが、たいていはその人が集めた情報をもとにするものだ。
その一方、投資信託の場合、自分で商品選びをするというより、ノルマで絞られる銀行営業マンの口車や泣き落とし、場合によっては色恋営業で勧められるまま…なんてケースが多そう。投資信託という名のパッケージに入る個別銘柄の成長性とともにPERやPBRなんていちいち話にも上げず「インバウンドで絶好調」なんて未来がない現在・過去でセールストークを展開できそう。
高PER&高PBRで、爆買い需要が成長曲線の「成熟期」に入ったとできてしまう、コーセー、ノエビア、ポーラ・オルビス、資生堂あたりを今から新規参入で買おうだなんてやるのは、周回遅れだ。
でも、投資信託のセールストークでは【化粧品業界は高PER&高PBRで、爆買い需要が成長曲線の「成熟期」に入った】なんて不都合なことは決して口にしない。飛んで火にいる情弱に、投資信託を経由してババをひかせることもできてしまう。
コーセー(20300△360)ポーラ・オルビス(4490△40)ノエビア(7760△20)
寄り付きは安く始まったが、「松屋銀座」だけを理由にプラス転換で終わった
資生堂(6326▼7)
寄り付きは安く始まったが、場中、一時プラス転換した。
「Fe・Alに追加関税」の余波で、景気が悪くなり、世界的不動産バブルがぶっ飛んだら、生活必需品とは言えない商品を扱うデパートや、生活必需品とは言えない商品である化粧品なんて真っ先に売り上げ大幅減となるのに、なんて椿事が起きているのか(呆)
「Fe・Alに追加関税」が及ぼす被害を考えないトランプ政権に怒り、影響がないと思い込んでいると株価が現わしてしまった化粧品関連株の上げに呆れてしまったのが、3月2日の東京株式市場でした。
日経平均 21,181.64 ▼542.83
TOPIX   1,708.34 ▼31.86
今日のカキコは、以上です。